« 『わが故郷、天にあらず—この世で創造的に生きる』 | トップページ | 世界観とは »

資料紹介

入門書

神の造られた世界は秩序あるよいものでしたが、堕 落の故に歪んでしまいました。しかし、神はキリストによって全被造世界を創造本来のあり方に回復し,また完成させようとされています。ここで紹介する小冊 子や本は、創造秩序の回復と完成というキリスト教独自の視点で書かれています。


全く初めての方は、

『わが故郷、天にあらず』(ポール・マーシャル著、いのちのことば社、2004年)

を読むと、キリスト教世界観を基盤に生きるということがどういうことか具体的な生活のなかでイメージできると思います。このサイトの一ページにこの書の一部を抜粋して紹介していますので、参考にして下さい。第二版も品切れになりました。ことば社に再版を求めていただければ幸いです。

神学的、聖書的な裏付けが必要な方は、

『キリスト者の世界観・・創造の回復』(アルバート・ウォルターズ著、聖恵授産所)

がよいでしょう。英語からの翻訳です。

原著Albert Wolters著『Creation Regained』(¥1200-1400)はamazon.co.jpで販売しています。

『終末を生きる神の民 改訂新版』(後藤 敏夫 著、21世紀ブックレット、no. 34、いのちのことば社、2007年)

この本の第一部はキリスト教世界観のストーリーを分かりやすく語っていますし、グループ研究にも相応しいと思います。しばらく絶版でしたが、ついに改訂、再版となりました。第二部では、後藤先生の心の旅がよく分かります。

 



創造の回復 小冊子シリーズ

この小冊子シリーズは、キリスト教世界観の問題を 考えて行く上で私がまとめたものです。ハードコピーは現在在庫切れですので、「・・・・でダウンロード」をクリックして直接ダウンロードしてください。


No.1『終末の今を生きる−千年王国説の違いを超えて−』(改訂版)

私達の救いは、仏教やギリシャ思想のよ うに魂が天に行くことで終わるのではありません。実は、キリストがもう一度地上に来て、私達を新しい地上によみがえらせ、全世界を変えて永遠に治めて下さ ることこそが救いの完成なのです。このキリスト教終末論は、聖書、古代教会の理解、また福音派の学者によって支持されているだけでなく、生活の現場での私 達の日々の労苦が無駄でない、と語ります。(B5版、15ページ)(改訂版は、福音派の著名な終末論者リチャード・ボーカム師の『包括的終末論』という分 類を取り入れています。)

      「1.終末.pdf」をダウンロード

 

No.2『神国論に見る新プラトン主義的霊性』

救いが天上で完成するというのは、二元論的なギリシャの異教思想です。この異教思想は5世紀前後に西方教会(ローマ教会)に入って来たようで、アウグスティヌスの神国論にもその軌跡が見いだされ、それは、宗教改革者にも影響を与えています。(B5版、6ページ)

     「2. 神国論.pdf」をダウンロード  


No.3『内村鑑三の終末観:世界観的回心の体験』

西 方教会に入って行ったギリシャの異教思想は、プロテスタントに引き継がれ、内村鑑三も二元論的な救済観を持っていました。しかし、内村は、1918年にそ れまでの救済観から脱却し、古代教会が持っていたような聖書的な救済観・終末観に開眼し、生き方が変化して行きます。(B5版、3ページ)

     「3. 内村鑑三の終末論.pdf」をダウンロード


 

No.4 デートの原則、結婚、性

婚 前交渉と堕胎をする若者の年齢は益々低年齢化しています。その背後には、自分と異性また、性と結婚に対する間違った考え方があります。この小冊子は聖書が 語る人間観、性、結婚観を出発点として、デートの原則を探ります。高校生以上の方々、中高生科のスタッフ、またご両親方にお勧めします。(B5版、13 ページ)

     「4. デートの原則.pdf」をダウンロード


No.5 世界観とは −そのストーリー性と変化の可能性−

世界観とはなんでしょうか?それは知的な理解 や信条よりも、もっと深く私たちを形作っていて、誰しもが持っているものなのです。普段は意識しないメガネのようなこの世界観に関して、その「ストーリー 性」に焦点を当てながら、私なりの理解を述べていきます。(B5版、9ページ)これはこのウェブサイトにある『世界観とは』のページと基本的には同じ内容です。

     「5. 世界観とは.pdf」をダウンロード

 

No. 6 神の救いのご計画 ー創世記から黙示録までー (正式版)

創造、堕落、贖い、完成というキリスト教の基本を、創世記から黙示録までを追っていきます。聖書全体から、イエスの救いを捉える一つの試みです。(B5版、39ページ)

    「6.神の救いのご計画.pdf」をダウンロード  

 


分野ごとの推薦書

* 印はその分野で特に推薦するものです。

これらの本の殆どは、キリスト教世界観か、それに似た立場で書かれています。

世界観入門

Colson, Charles W. and Nancy Pearcey. How Now Shall We Live? Wheaton, Il: Tyndale House Publishing, 1999.

*ポール・マーシャル著『我が故郷、天にあらず』(いのちのことば社、2004年) 本ウェブサイトで紹介。

*A・ M・ウォルタース 著『キリスト者の世界観:創造の回復』宮崎 弥男 訳、聖恵授産所、1989年。(原著Wolters, Albert. Creation Regained: Biblical Basics for a Reformational Worldview. Biblical Classics Library. Carlisle, UK: Paternoster Press, 1996.)

*Wright, N. T. The New Testament and the People of God. vol. 1. London: SPCK, 1992 (Part II参照)

世界観

Kuyper, Abraham. Lectures on Calvinism. Grand Rapids: Eerdmans,

Sire, James W. Discipleship of the Mind. Downers Grove, Il: InterVarsity Press, 1990.

哲学

*Clouser, Roy A. The Myth of Religious Neutrality. London: University of Notre Dame Press, 1991.

*春名純人『哲学と神学』

旧約神学

*Dumbrell, William J. Covenant and Creation: A Theology of the Old Testament Covenants. Biblical and Theological Classics Library. Exeter, Devon UK: Paternoster Press, 1984.

Dumbrell, William J. The End of the Beginning: Revelation 21-22 and the Old Testament. Grand Rapids: Baker Book House, 1985.

*Dumbrell, William J. The Faith of Israel: Baker Book House, 1988.

Dumbrell, William J. The Search for Order: Biblical Eschatology in Focus. Grand Rapids: Baker Book House, 1994.

Wright, Christopher J.H. Deuteronomy. New International Biblical Commentary, ed. Robert L. Hubbard and Robert K. Johnston, no. 4. Peabody, MA: Hendrickson, 1996.

Wright, Christopher J.H. God's People in God's Land: Family, Land and Property in the Old Testament. Biblical and Theological Classics Library. Carlisle, UK: Paternoster Press, 1997 (90).

Wright, Christopher J.H. Human Rights: A Study in Biblical Themes. Grove Booklet on Ethics No. 31. Bramcote Notts.: Grove Books, 1979.

Wright, Christopher J.H. Living as the People of God: The Relevance of Old Testament Ethics. Leicester: IVP, 1983.

新約神学

*Wright, N. T. The New Testament and the People of God. vol. 1. London: SPCK, 1992

Geroge E. Ladd, A Theology of the New Testament, revised ed. (Grand Rapids: Eerdmans, 1974)

組織神学

Grenz, Stanley J. What Christians Really Believe and Why. Carlisle, UK: Paternoster Press, 1998.

*Spykman, Gordon J. Reformational Theology: A New Paradigm for Doing Dogmatics. Grand Rapids: Eerdmans, 1992.

終末論

*Wright, N. T. New Heavens, New Earth: The Biblical Picture of Christian Hope. Cambridge: Grove Books Limited, 1999.

Bauckham, Richard. The Climax of Prophecy. Edinburgh: T&T Clark, 1993.

Bauckham, Richard.  "Eschatology," in The Oxford Companion to Christian Thought, ed. Adrian Hastings. Oxford: Open University Press, 2000.

現代思想

Gay, Craig M. The Way of the Modern World. Grand Rapids and Carlisle, UK: Eerdmans and Paternoster Press, 1998.

McGrath, Alister E. A Passion for Truth. Leicester: Apollos, 1996.

McGrath, Alister E. Evangelicalism and the Future of Christianity. London: Hodder and Stoughton, 1994.

Sampson, Philip, Vinay Samuel, and Chris Sugden, eds. Faith and Modernity. Oxford: Regnum Books International, 1994.

Wells, David F. No Place for Truth. Grand Rapids: Eerdmans, 1993.

Bartholomew, Craig and Thorsten Moritz, eds. Christ and Consumerism. Carlisle, UK: Paternoster Press, 2000.

社会正義

*Wolterstorff, Nicholas P. Until Justice and Peace Embrace: the Kuyper Lectures for 1981 Delivered at the Free University of Amsterdam. Grand Rapids: Eerdmans, 1983.

*Walsh, Brian J. and J. Richard Middleton. The Transforming Vision: Shaping a Christian World View. Downers Grove, Il: InterVarsity Press, 1984.

*Haugen, Gary A. Good News About Injustice. Downers Grove, Il: InterVarsity Press, 1999.

ビジネス

*Hill, Alexander. Just Business: Christian Ethics for the Market Place. Carlisle, UK: Paternoster Press, 1998.

法律

*Beaumont, Paul R., ed. Christian Perspectives on Law Reform. Carlisle, UK: Paternoster Press, 1998.

芸術、音楽

*Brand, Hilary and Adrienne Chaplin. Art and Soul. Carlisle, UK: Solway, 1999.

*Rookmaaker, H. R. Modern Art & the Death of a culture. London: InterVarsity Press, 1970.

Seerveld, Calvin. A Christian Critique of Art and Literature. rev. ed. Toronto: Tuppence Press, 1995.

*Seerveld, Calvin. Rainbows for the Fallen World: Aesthetic Life and Artistic Task. Toronto: Tuppence Press, 1980.

Wolterstorff, Nicholas P. Art in Action: Toward a Christian Aesthetic. Carlisle: Solway, 1997.

経済

*ボブ・ハウツワールト 著『繁栄という名の「偶像」』宮平望 訳、いのちのことば社、1993年。

唄野先生の本

教育

McCarthy, Rockne. Society, State, & Schools. Grand Rapids: Eerdmans, 1981.

宣教

*Newbigin, Lesslie. Trinitarian Doctrine for Today's Mission. Biblical Classics Library. Carlisle, UK: Paternoster Press, 1998.

*Bosch, David J. Transforming Mission: Paradigm Shifts in Theology of Mission. American Society of Missiology Series, no. 16: Orbis Books, 1991.

Conn, Harvie M. Evangelism: Doing Justice and Preaching Grace. Grand Rapids: Zondervan Publishing House, 1982.

環境問題

Basney, Lionel. An Earth-Careful Way of Life. Downers Grove, Il: InterVarsity Press, 1994.

Berry, R. J., ed. The Care of Creation: Focusing Concern and Action. Leicester, UK: InterVarsity Press, 2000.

Bruce, Donald and Don Horrocks, eds. Modifying Creation?: An Evangelical Alliance Policy Commission Report. Carlisle, UK: Paternoster Press, 2001.

*DeWitt, Calvin B. Caring for Creation: Responsible Stewardship of God's Handiwork. Grand Rapids: Eerdmans, 1998.

その他

フランシス・シェーファーの本

西洋中心史観に関して

(これは特にキリスト教世界観の立場に立つ著者によるのではありませんが、世界の歴史と日本人のアイデンテティーを考える上で重要です。『世界観とは』のストーリーとしての世界史の項を参照して下さい。)

*石原 保徳 著『世界史への道:ヨーロッパ的世界史像再考(前後篇)』、丸善ライブラリー、1999年。

ラス・カサス 著『インディアス破壊を弾劾する簡略なる陳述』石原 安徳 訳、現代企画室、1987年。

トーマス・R・バージャー著『コロンブスが来てから 先住民の歴史と未来』藤永 茂 訳、「朝日選書」、no. 464、朝日新聞社、1992年。

ノーム・チョムスキー著『アメリカが本当に望んでいること』益岡 賢 訳、現代企画室、1994年。

|

« 『わが故郷、天にあらず—この世で創造的に生きる』 | トップページ | 世界観とは »

参考資料」カテゴリの記事