CWNの集い

CWN2013年の集い

     放射能問題と向き合って問われたこと

   ・・・夫として、父親として、牧師として

        

キリスト教世界観ネットワーク、第回目の集いです。

 

今年、第9回目の集いには、昨年11月に出版された「目に見えない放射能と向き合って岩手県南・水沢で」(ことば社)の著者、若井和生先生を講師としてお迎えして、お話しを伺います。原発の再稼働や新設などに気持ちが向いていて、いつの間にか、福島での事故が過去のものになりつつあるように思えます。そのような私たちに、続いている戦いの体験を現地の牧師からお聞きしたいと思います。是非お誘いあわせのうえご参加ください。


若井牧師談「放射能の影響が及んだのは福島県だけではありません。福島第一原発から200キロ離れた岩手県南部にも放射能混じりの雨が降り、この地域も放射能によって汚染されることになりました。その事実と向き合いながら自分なりに悩み、考え、人と交わり、行動し、学んできました。特にその経験を通して神様から何を問われ、どのように支えられてきたのか、お分かちできる機会が与えられ感謝しています。そのことを通して今後の私たちが何を目指すべきなのか、どのような方向に歩んでいくことを神様が望んでおられるのか、ともに考える機会となれば幸いです。」

 

場所:お茶の水クリスチャンセンター9階(JRお茶の水駅より徒歩3分)

    東京都千代田区神田駿河台2−1  

    Tel:03−3296−1001

  地図:http://ochanomizu.cc/hp-2010map.php

 

日時:3月16日(土曜) 1時30分ー4時まで

 

内容:約45分の講演。その後は互いの近況報告。

 

費用:無料、席上の自由献金あり

 

講演題:「放射能問題と向き合って問われたこと

      ・・・夫として、父親として、牧師として」 


講師プロフィール:若井 和生(わかい・かずお)牧師

岩手県の水沢聖書バプテスト教会牧師。2011年3月より「3.11いわて教会ネットワーク」の一員として被災地支援の働きを続ける。昨年11月にいのちのことば社よりブックレット『目に見えない放射能と向き合って』を出版。牧師として、夫として、父親として放射能問題と向き合ってきた経験を紹介する。「放射線被曝から子どもを守る会・いわて」会員。妻、六歳の息子、義母との四人家族。

| | コメント (3)

CWM2012年の集い

       原発への神学的アプローチ

   ー小説家の想像力とキリスト者の予見性ー

        

キリスト教世界観ネットワーク、第8回目の集いです。

 

昨年3月の大震災の後、日本は大きく揺れ動いています。キリスト者も、多くが被災者を支援しているだけでなく、聖書を基盤にこの出来事を考える努力を続けています。この度は、記録文学作家であり、また信徒伝道師でもある山川暁さんをお招きし、小説家を通してみた原発問題という珍しい視点、そして原発を神学的にどうとらえるかという試みを分かち合っていただきます。

この講演内容や、本ウェブサイトにある福音理解や生き方に興味や関心のある方は、是非ご参加ください。お待ちしています。

 

場所:お茶の水クリスチャンセンター9階(JRお茶の水駅より徒歩3分)

    東京都千代田区神田駿河台2−1  

    Tel:03−3296−1001

  地図:http://ochanomizu.cc/hp-2010map.php

 

日時:3月3 日(土曜) 1時30分ー4時まで

 

内容:約45分の講演。その後は互いの近況報告。

 

費用:無料、席上の自由献金あり

 

講演題:原発への神学的アプローチ 

    ー小説家の想像力とキリスト者の予見性ー


講師:山川 暁(やまかわ・あきら)さん

1941年、東京生まれ、早大、聖契神学校卒。記録文学作家、単立鶴川キリスト教会信徒伝統師。著書に「ローラースケートでアメリカを横断した」(草思社)、「ニッポン靴物語」(新潮社)、「元気晩成」(新潮社)、「満州に消えた分村ー秩父中川村開拓団顛末記」(草思社)、他、多数。

| | コメント (0)

CWN2011年関西の集い

キリスト教世界観ネットワーク

      

201 関西の集い

 

キリスト教世界観に興味を持ち、CWNに参加してくださる方々が関東以外にも少しずつ増えてきました。いつも東京まで来ていただいていますので、3月には島先が関西に向うことにいたしました。関西地区の方、よろしかったらご参加ください。

 

  場所:滋賀県大津市比叡平

   (JR西日本湖西線 大津京駅よりバスで25

       当日11:15大津京駅前集合、11:27発のバスで比叡平に

  日時:3月18日(金曜) 12時から3時半まで

  内容:昼食後、30分の講演。その後は懇談。

  費用:無料

  講演題:「良きサマリア人のたとえ

  講師:島先克臣(しまさき かつおみ)

1954年生まれ。ゴードン・コンウェル神学校 (修士)、チェルトナム・グロースター大学(博士)過程終了。フィリピンで神学教育に携わった。「エマオ・キリスト者の集い」牧師。

  講演内容

良きサマリア人のたとえは愛の実践を教える道徳的なたとえと捉えられていると思います。ところが、そのたとえは、当時のユダヤ人のアイデンティティーを揺り動かし、み言葉に従っているつもりで、聖書の中心的な教えに背を向けていた彼らの行き方をするどく衝いたものでした。このたとえは今の私たちに何を語っているでしょうか。

    (講演内容は変更する可能性があります)

  申し込み

     出席ご希望の方は島先までご連絡ください。

     集会の場所や行き方、連絡先など詳しくお伝えします。

連絡先: 島先克臣 

Eメール:cwnjapan@yahoo.co.jp 

| | コメント (0)

CWN2011年の集い

        キリスト教信仰

    歴史の原点に戻って見直す

        

キリスト教世界観ネットワーク、第7回目の集いです。

  

キリスト教世界観の分野では哲学や神学、あるいはそれぞれの専門分野での研究が先行し、聖書そのものからのアプローチは遅れていたと言えるでしょう。その点、N.T.ライトは先駆的な研究を続けています。今回、日本では数少ないN.T.ライトの研究家、小嶋崇氏が、世界で注目されているライトのアプローチや神学理解を紹介してくれます。

 この講演内容や、本ウェブサイトにある福音理解や生き方に興味や関心のある方は、是非ご参加ください。お待ちしています。

  

場所:お茶の水クリスチャンセンター9階(JRお茶の水駅より徒歩3分)

    東京都千代田区神田駿河台2−1  

    Tel:03−3296−1001

  地図:http://ochanomizu.cc/hp-2010map.php

 

日時:2月2日(土曜) 1時30分ー4時まで

  

内容:45分の講演。その後は互いの近況報告。

  

費用:無料、席上の自由献金あり

  

講演題:「キリスト教信仰歴史の原点に戻って見直す

  

講師:小嶋 崇(こじま・たかし)先生

 1954年生まれ。巣鴨聖泉キリスト教会牧師。アズベリー神学校(M.Div.)、プリンストン神学校(Th.M.)、グラジュエート・セオロジカル・ユニオン博士過程終了。N. T. ライト読書会主宰。

  

講演内容

 「私たちの信仰は主イエス・キリストに基礎を置いています。しかし私たちが理解している主イエス・キリストは一世紀パレスチナの「ナザレのイエス」に基礎を置いているでしょうか。私たちの主イエス・キリストは、しばしば「歴史のイエス」から遊離した「信仰のキリスト」になってはいないでしょうか。
 現代最も著名な新約聖書学者、N. T. ライトは大衆福音派に根付いている「非歴史的・主観的キリスト教信仰」の見直しを迫る研究を発表されている方です。ライトの一世紀ユダヤ教研究に根ざしたイエス研究、パウロ研究は、私たちが既に知っていると思っている十字架の死と復活の意義を改めて考え直す機会を与えてくれるでしょう。」

小嶋氏のN.T.ライト読書会サイトをご覧下さい。

http://www014.upp.so-net.ne.jp/NTW-dokushokai/

N.Tライトの紹介文は面白いですよ!

http://www014.upp.so-net.ne.jp/NTW-dokushokai/introindex.htm

| | コメント (0)

CWN 2010年の集い

          キリスト教世界観
       -主婦として、教員として-

第6回目の集いとなります。講演内容や、このウェブサイトにある福音理解や生き方に興味や関心のある方は、是非ご参加ください。お待ちしています。

  場所:お茶の水クリスチャンセンター9階

       JRお茶の水駅より徒歩3分
        東京都千代田区神田駿河台2−1  

      Tel:03−3296−1001
      地図:http://ochanomizu.cc/hp-map.html

    日時:2月27日(土曜) 1時30分ー4:00時まで 
  
  内容:約40分の講演の後、互いの近況報告。

    費用:無料、席上の自由献金あり。


   講演題:         キリスト教世界観
          -主婦として、教員として-
 

   講師:岩田 三枝子(いわた・みえこ)先生

     プロフィル

東京基督教大学神学部、東京基督神学校卒業、カルヴィン神学校神学修士(キリスト教倫理)、キリスト教学術研究所修士(世界観)終了。

現在、東京基督教大学神学部専任講師。

担当科目:キリスト教世界観、西洋思想、地域研究序説など。

共訳書:アリスター・マクグラス『神の科学』、『キリスト教の霊性』

      講演内容

「せんべい屋の自分は牧師ではないから二流のクリスチャンだ」と悩んでいた父。「神学校を出て会社で働いているなんてもったいない」と言われた会社員時代。今は大学でキリスト教世界観を教えながら、妻として、母として、主婦として、奮闘中。職業について、そして女性である事をキリスト教世界観から、改めて考えてみます。

連絡先: 島先克臣 Eメール:cwnjapan@yahoo.co.jp
ウェブサイト: http://cwn.way-nifty.com/cwn

簡単なチラシを作りました。よろしかったらご利用ください。

「cwn2010.doc」をダウンロード

| | コメント (0)